車のチョークレバー

最近、30代の同僚に、車のチョークレバーについて面白い話をラジオで言っていたので、話そうと思ったら、出だしのところで「チョークって何?」って聞かれました。

 

なぜか?

なぜなら最近の車にはチョークがない!オートチョークになっている!

チョークがオートになったからチョークレバーが無い –> 無いものが何か知る由もない。

ジェネレーションギャップを感じました。

 

チョークとは、冬の寒い時などにガソリン混合濃度をあげてエンジンをかかりやすくする物です。このガソリン混合濃度を上げるために、昔は手動でチョークレバーを引いてエンジンを始動し、エンジンが温まったところで元のチョークを戻します。

 

ちなみに私のバイクにはまだチョークレバーが付いており、ミニの写真のようなつまみがキャブレター(空気とガソリンを混ぜる場所)のところについています。

このチョークレバーが車のダッシュボード左下の方についてて引っ張ると約2㎝ほど、出てきます。

 

出だしの、ラジオで言っていたチョークレバーで面白い話というのは、ある年配の女性が、車の燃費が悪いと車屋さんに車を見てくれないかと言ってきたそうです。

 

エンジンを調べるとどこも悪くないのですが、車のチョークレバーが引き出されたままになっていたのを発見しました。

車を持ってきた女性に話を聞くと、仕事に行くときにはそのレバーを引いてバッグをひっかけていたそうです。

すなわち、チョークレバーの働きを理解せず、ただの衣文かけとして使用していた。(笑)

 

前述のように、チョークはガソリンの混合比を高めますから、通常よりガソリンの消費が多い ⇒ そのまま走っていたら燃費が悪くなる。 当たり前です。

 

この調子でいくと、最近ほとんどの車がオートマチックですから、もし、全部がオートマチックになったら、クラッチって何?変速レバーって何?の時代が来るかもしれません。

しまいに全部電気自動車になったころには、さらに今のガソリン/ディーゼル車部品用語が消えてなくなるのではないでしょうか?

 

エンジンがかからない

昨日、朝エンジンをかけようと思ったらかかりませんでした。

セルモーターは動いているのでバッテリー上がりでありません。

 

今の車は結構古くて、17万キロ走ってます。

いつ動かなくなってもおかしくないのですが、前の日まで動いていたのに急に動かなくなるなんて。。。

 

バッテリーでないとすると、プラグかな?と思って何十年かぶりに自分でプラグを交換することにしました。

 

以前の車は、たしか、プラグ交換用の工具まで付いていたように記憶しているのですが、今の車には見つからなかったので、手持ちの工具でトライ。

 

プラグキャップを外すと、結構プラグまでの距離が遠くて、手持ちのレンチセットでは届かず、慌ててCar Shopで延長ソケットを購入し、油にまみれになりながら、プラグを取り出すと右の写真のように真っ黒。

 

何十年か前に別の車で交換したことのある標準プラグと違い、イリジウムプラグでした。

白金プラグは知ってましたが、イリジウムプラグって言うのもあるんですねぇ。知りませんでした。

NGKのサイトで見ると他にいろいろありました。

 

今回は Car shopで一番安い1000円程度のに交換してみました。

 

さて、これでエンジンかかるだろうと思ったら、まだかからない。

 

あきらめて、車修理に持ってくかと嫁さんと話をしていたら、

嫁:「最後にエンジン掛けたのいつ?」

私:「昨日。ちょっとエンジンかけてすぐ切った」

嫁:「ずーっと前に、エンジンかけてすぐ切ると、次エンジンかからなくなるよって言ってたのあなたでしょ?

そん時は、アクセル何回か深く踏んでから、アクセル踏んだままかければかかるって言っていたじゃん。」

私:「あっ!そういえばそうだった。やってみる。」

:

車に戻って、アクセル何回か踏んで、セルを回すと。。。。「かかった!」

私:「かかった。あほや、そういえば自分で言ってて忘れてた。」

めでたしめでたし。

 

ということで直りました。でも、一般にエンジンかけてすぐ切ると、「プラグかぶり」って言って、プラグにガソリンが付着してかからなくなる現象のはずなのに、最初プラグを交換したのになぜかからなかったのだろう???

 

でも、かかった時の対処方法はまさにプラグかぶりの対処法。

プラグかぶりってホントにプラグにガソリンが付着してかからなくなるだけなのかなぁ?

ちょっと疑いの目。

 

とりあえず、修理屋さんにもって行かなくてよかった。

プラグ帰る前は、時々低速になるとエンジンが時々止まりかけるような挙動をしていたのですが、変えてから全く起きなくなり、ふけ上りもよくなりました。

 

エンジンの回転数が安定しなくなってきたときはプラグ交換がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

パソコン

今や大抵一人が一台持っているパソコン。

もしかして持っていない人でも、少なくともスマホや携帯端末からインターネットへアクセスして、LINE、Facebook等を使っているのではないでしょうか。

 

パソコンは言うまでもなく、パーソナルコンピューター。コンピューターを個人で持つようになったのは約30年ぐらい前。

それまでは大型コンピューターを共有して使っていました。

もちろん今も大型コンピューターは学術研究用にありますが、それをまじかで見ることはほとんどないと思います。

 

私が学生の頃は、学校にあるコンピュータールームで、大型のコンピュータにプログラムを書き込んんで、動かしていました。

コンピューターは熱を発するので、必ず空調の入った部屋に設置されます。

学校のコンピュータールームは同様の空調システム下にあり、他の教室に空調が完備されていない夏は用がなくても涼みに行ってました。

 

さて、プログラム言語は今はもうきっと使われていないフォートランという言語。(と、思って調べると、今もスーパーコンピューター用の言語として使われているようですね。すごい。)

当時は一行を一枚のパンチカードと言われる紙に穴をあけて、記載し、それをコンピューターに読み込ませるものでした。

まだ、フォートランは人間の言語に近いものですが、アセンブラ言語になると、コンピュータのメモリやレジスタという、コンピューターを構成するハードウエアまである程度理解しないと書けないので、一時期学ぼうとしましたがあきらめました。

C言語もポインタがわからず、やっぱりくじけました。

 

しかし、フォートランを学んだおかげで、よく似たBasicと言う言語は理解しやすく、今でもMicrosoft Officeのアプリに組み込まれているVBA(Visual Basic Application) にも応用が利くので、30年以上たった今でもExcelにVBAを使って、入力フォームや自動集計させるプログラム作ることができます。

 

今は、WindowsもApple OSも、プログラムを組む必要なく、アプリケーションが使えて便利な時代になりました。

こうやってパソコンで日本語が打てるようになるまでにも、いろいろ進歩がありました。

専用日本語ワードプロセッサーに始まり、NECの98シリーズに日本語専用のROMを積んで、パソコン上で日本語が打てるようになり、パソコン用ワープロ 一太郎等のアプリが出て、日本語変換がソフトで可能になったDOS-Vパソコン。

 

また、OSもMS-DOSからアプリを立ち上げるコマンドを打ち込まなくても、WindowsやApple OSでアイコンをクリックするだけで、2つ以上のアプリを同時に操作できるようになりました。

 

と、いまさらコンピューターの進化について語ったところで、もっと詳しい話がインターネットを見れば載っています。

こうなると、何でもかんでも人に聞くより、ネットで調べればいいじゃんの時代。

これもパソコンとインターネットのおかげ。

昔話という言葉はなくなって、いずれ昔の記録 On インターネット になり、誰も昔の話しなくなるかも。