引っ越し貧乏

私は今まで30回近く引っ越ししています。

ほとんどは独立してからですが、大学に行くため家を出るまでに7回引越しました。

小学校は3回変わりました。兄弟全て生まれた場所が違います。

最後の小学校は6年生の夏休み後、9月に入ったので、卒業まで半年ほどしかその学校に行っていません。それでも何の思い出もない〇〇小学校第〇〇期卒業生となりました。

 

言うまでもなく父が転勤族だったためですが、そのころ単身赴任という言葉はあったのかなかったのかわかりませんが、父は実家から出ていて持ち家もなく、また家族と一緒にいるのが当たり前だと思ったのか、毎回家族で移動です。

 

短い滞在は1年間。さすがに小学校の頃は引っ越しの手伝いもあまりせず、見ているだけでした。

そのころは引っ越し業者はあまりなく、日通によるほぼ寡占状態ではなかったでしょうか?

 

トラックに、10フィートほどの電車に積むコンテナが運ばれてきて、そこに荷物を詰め込んでいきます。それを駅から列車に積んで目的地近辺の駅に運んで、またそのコンテナを次の家まで運んで開梱します。

 

今みたいにトラックでそのまま運ぶには、高速道路が完備されていないといけませんが、そのころはまだ全国津々浦々高速道路がなかったため、列車の方が早かったのかと思います。

また、いわゆるプチプチのクッションもなく、段ボール梱包材なので、保護が不十分だったのか、着いたら母の鏡台の足が壊れていた記憶があります。

 

現在の引っ越しでも全くダメージがないかと言うと、結構家具が壊れていたり、ガラス物が割れていたりすることがあります。

大事なものは自分できちんと梱包するか、引っ越しの時に梱包状態をきちんと観察して、引っ越し業者に指示をした方が良いと思います。

 

あと、引っ越し業者によって段ボールの強度が違います。当然それによって値段も変わります。もし、何度も引っ越しする予定で、段ボールを再利用するつもりなら、強度のある段ボールを使用しているかどうかも判断の基準になります。

 

引っ越しはだいたい、午前中に来て昼までに積み込み、また搬入も近くなら同じ日の午後、遠くなら別の日の午前中に搬入が多かったです。

引っ越し業者の方も飲み物は持ってきていますが、追加の飲み物や休憩時のお菓子を出したり、時には簡単な昼食を出したり、チップ代わりに昼食代を出したりすると、別途その費用が掛かります。

当然これらは業者からの強制でもなく受け取らないところもあります。

 

引っ越しは荷物の搬入搬出の費用だけでなく、借家の場合、礼金敷金、修繕費、持ってきたいけど持ってけないので捨てざるを得ない物の償却費など、いろんな出費があり、これが引っ越し貧乏と言われる由縁です。

 

私も引っ越しがもっと少なければ、100万円以上は節約できたと思います。

でも新しい土地に住むのはそれなりにエキサイティングですし、面白いものです。

そして自分の気に入った土地に自宅やマンションを購入するのが一番いいのではないでしょうか?

もちろん、もう引っ越しの可能性は少ない!という段階になるでしょうが。。。