馬乗り

今はそんな遊びがあるかどうかわかりませんが、小学校の時、馬乗りという遊びがありました。

二つのチームに分かれて、まず一人が壁に背を向けてこちらを向き、その股の下へ次の人が顔を下にして突っ込み、またその人の股の下に突っ込み連なっていきます。

ちょうどラグビーのスクラムを一列にした感じ。これを馬と呼びます。

何人かが連なったところで、別のチームが一人一人跳び箱のように一番後ろの人の背中に手をついて飛んで、一列にスクラムを組んでいる側(馬)の背中に順番に飛び乗ります。

ほんとはもっと細かなルールがあった気がしますが、基本的に落ちたら飛び乗った人の負け。(下の馬になっている方は揺さぶって落とそうとしてもよい)

前の人が落ちなかったら、次の人がまた飛び乗ってきて、つぶれたらスクラム組んでいる方の負け。

飛び乗られる側は、重たい人が来ると、ヒイ~と身構えます。

また軽くても実の軽い奴は一度思いっきりお尻をあげて、弾みをつけて下ろしながら飛び乗ってきます。

言うなればジャンピングケツドロップ!

馬側はかなり背骨や腰骨にダメージを受けます。

飛び乗ってくる方の骨盤と背骨がまともに当たったら背骨がずれてしまいそうですが、こんな危ない遊びを昔はやっていたのに、怪我するってことはほとんどなかったです。

子供だからだったのか、昔の子供は骨が丈夫だったからなのかどうだったんでしょうね?

今の子供たちがやったらどうなるんだろう。。。。