運動会

小学校の運動会

 

思い出すことが三つ

 

一つ目

幼稚園の弟の運動会と、私の小学校の運動会が重なって、両親は幼稚園の運動会を優先してそっちを見に行っていました。

 

お昼には父が弁当を持ってくるはずだったのですが、その時間になっても来ず、友達は家族とお弁当を食べている中、一人フェンスの外を見て父が来るのを待っていました。

 

それを見かねた友達が(親に言われたと思いますけど)、一緒に食べようと言ってくれたのですが、「いやもうすぐ父ちゃんが来るはずだから」と言って断って待ち続けました。

もう来ないかもと涙が出始めたころに、父が一番下の弟を背負ってフツーの顔してお弁当を持ってやってきました。それからどこでどうやってお弁当食べたか覚えていません。

多分私のことだからふてくされて文句言いながら食べてたんだと思います。

 

二つ目

前回の転校の話の続き。6年生の9月に転入して10月にすぐ運動会。

6年生は鼓笛隊パレード(各自太鼓やハモニカやらシンバルやら持って行進)のプログラムがあったのですが、途中から転入して練習さえしていない私は不参加。

田舎の小学校で6年生は1クラスしかなかったので、一人席に残ってパレード見学。

カスタネットだけでも持たせて出してくれればよかったのに気の利かない先生。

 

また、田舎なので、部落対抗リレーとか言って、学校の校区ごとに1年生から6年生までの各学年代表1人が出て、1年生から順番にリレーする競技がありました。こんな競技はこの小学校で初めて。

 

運悪く、その校区に6年生は転入してきたばかりの私だけ。出ませんと言うわけにも行かず走る羽目に。

そのころちょっと肥満体だった私は足が遅く、私の前の5年生まではいい線(2位か3位)でつないできたのに、案の定、私はあっさり抜かれ、近所の皆さんをがっかりさせてしまいました。

三つ目

4年生の時の小学校の名前が日吉小学校というところでした。

人文字と言うプログラムをやらされました。

4年生を3つの組に分けて、パレードしながらカタカナで「ヒヨシ」と言う形にして並ぶのですが、そもそも空から見れば文字になっているのがはっきりわかりますが、同じ高さで見た場合は、「できたのは、人文字 ”ヒヨシ”です」と先生が言って、見に来ていた父兄の人たちが、やっと「あぁ」と分かるだけです。

 

また、そのころ人文字という言葉を知らなかったので、一文字と勘違いして、「ヒヨシだから三文字なのに。。」と疑問に思っていました。

 

先生もちゃんと生徒に説明してほしかった。