メガネ

今ほ日本人の7割以上の人がが眼鏡やコンタクトレンズ等で視力矯正しているそうです。

私もメガネかけてます。

私が眼鏡をかけるようになったのは、中学2年生ごろです。そのころ眼鏡をかけるとなんか勉強ができて、カッコいいと思っていたので、目が悪くなって眼鏡をかけるようになって正直うれしかったです。

でも、今となると当然目は良いに越したことはありません。

もともと近視から始まったのに今は乱視と老眼が入り、眼鏡なくては遠くも近くも見れません。

老眼で近眼の人は、眼鏡を取ると老眼鏡がなくても小さい文字が見えるのですが、私の場合乱視が入っているので、見えることは見えても字に影ができたように見えてしまいます。

娘も近眼だったのですが、レーシック手術を受けて直りました。

娘は海外に住んでいて、そこでもレーシック手術はやっているけどやっぱり日本の方が信頼できるということでわざわざ日本へ帰ってレーシック手術をうけました。

レーシック手術は保険が利かないので海外から来ても値段は同じ。

やる前は、もし失敗して目が見えなくなったらどうするんだと少し反対しましたが、言うことを聞くような娘ではなく、一人でレーシック手術の所へいってさくっと済ませてきました。

幸い問題なく手術は成功し、今は快適な眼鏡なしライフを楽しんでます。

娘がやったすぐ後に、知り合いがレーシック手術を受けて、目の表面に作成したフラップをペロッとはがしたあとに、角膜が薄いとかなにかの理由で、手術が中止され、プラップを戻して終わったそうです。

結局視力は良くならず、痛い思いしただけ。

それでも目が見えなくならなくてよかったよかったでした。

私はレーシック手術を受けたことも、コンタクトしたことがありません。

レーシックはやっぱり怖いし、コンタクトは自分で手を目に入れてコンタクトレンズを外すことがどうしてもできそうにないからです。

上記は否定的な理由ですが、肯定的な理由は、自分の顔は殺風景なので、眼鏡をかけた方がアクセントができていいいので。

最近はレンズなしで眼鏡をファッションの一部としている人がいますが、そんな感じです。

一つ不便なのがサングラス。

目が良ければ、度付きでないサングラスを結構安いのから買えるのですが、目が悪いとどうしてもコンタクトをしてサングラスをかけるか、度付きサングラスを買うかの二通りしかありません。

先にいったように私はコンタクトレンズをしないので、度付きサングラスだけが選択肢です。

今日、炎天下サングラスを忘れ、途中のお店で1000円ぐらいの安いサングラスが売ってましたが、日光はさえぎることができても、前がぼけて歩けないのでは意味がありませんので、買うのやめました。

実は私の眼は黒いので、茶色っぽい人よりは日光に強く、サングラスなくても何とか過ごせました。車の運転するとなるとサングラスあった方が見やすいですが、今日は歩きだけだったので問題なし。

でも、紫外線から目を守るためにもサングラスはかけた方がいいと思います。

昔ゴルフ用に眼鏡市場でスポーツサングラス作ったのですが、レンズが小さく、別の店に次のサングラスを作るためにもって行くと、こんなにレンズが小さいと、結局そのサングラスによって瞳孔が開いているところに、回り込んだ日光が目に入ってくるので良くないと言われました。

サングラスを作るときは、なるべく大きめのレンズがおすすめです。