アメリカザリガニ

子どものころ川へ行って、アメリカザリガニを取りに行きました。

アメリカザリガニと言うからには外来種で、二ホンザリガニもいるらしいです。

アメリカザリガニは色が赤く、二ホンザリガニは暗い褐色なので、私が捕まえていたのは赤いザリガニ。すなわちアメリカザリガニです。

別にえさを使って捕まえていたのではなく、糸の先に割りばしを折ったのをつけて近づけると、勝手にはさみで挟んでくれるので、そのまま吊り上げます。

捕まえてどうするかというと、別に食べるわけでもなく、バケツにしばらく入れておいて、帰るころにはまた逃がします。

食べないと言いましたが、4年ほど前、中国へ出張へ行ったとき、エビの鍋が出てきました。でもどう見てもザリガニ。茹でて赤くなってしまっているので、アメリカザリガニなのか、それとももしかして中国ザリガニがいるのかわかりませんが、大きさ、形からしてどう見てもザリガニ。。。

一緒に行った日本人とも。「これザリガニだよね」と言って食べました。さすがにあまりたくさんは食べられませんでした。味はあまり覚えてません。

当然エビの方がおいしいです。

別の鍋はカエル。さすがにこれはちょっと私はダメでした。

 

アメリカでもロブスター食べました。あれもエビというよりは大きなザリガニ。

これも伊勢エビの方が断然おいしいと思います。

 

カニ v.s 伊勢エビだといい勝負、あるいはカニの勝ちですが、

ザリガニ&ロブスター v.s カニ&イセエビのタイトルマッチでは、私としては文句なくカニ&伊勢海老チームの勝ちですね。